気管支炎 飲酒 アルコール 関係

気管支炎と飲酒の関係は良くない/アルコールの悪影響

スポンサーリンク

気管支炎の時にアルコールや飲酒は駄目なのでしょうか。
気管支炎になっても、お酒やアルコールをやめることが出来ないという人もいると思います。
ですが、それでは、気管支炎と飲酒、そしてアルコールにはどのような関係があるのでしょう。

 

 

【飲酒は身体に良い?】
酒は百薬の長とも言われるわけですが、文字通り適度に飲酒をするならば身体に良いとされているのです。
精神的なストレスについても、アルコールによってその緊張感を減らすことができるという関係性があります。
お酒、アルコールによって、血流が良くなることによって、高血圧や動脈硬化の改善に繋がる関係があるのです。

 

 

【適度に飲むことは大事】
心筋梗塞、俺に脳卒中などを防ぐ効果もあるとされており、これらの病との関係は深いといえるでしょう。
これは適度に飲むということが条件であって、毎日大量に飲む、アルコールを摂取するというのでは話になりません。
たとえば夕食と一緒にコップ一杯の飲酒程度が望ましいといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

【薬服用時のアルコールには注意】
気管支炎のときですが、アルコールを摂取しているときには薬の服用との関係に注意したいところです。
気管支炎の時には薬を病院でもらうこともあるでしょうが、このときには飲酒は控えることが求められます。
薬の効果を最大限に得たいと思ったとき、薬の血中濃度を一定に保つことが大事なのです。

 

1日に決められた数服用するのはその関係上ですが、そのときに飲酒するとどうなるかは予想できるでしょう。
薬の成分、それに飲酒によるアルコールの摂取による代謝物による影響を受けることが多くなるのです。
予期せぬ化学反応が起こって身体に悪い影響が及ぶケースがありますから、気管支炎の薬を飲むときでも、この関係には十分に気をつけなければなりません。

 

薬を服用しているときにお酒を飲むと副作用が強く出たり、効果が弱くなったりすることがあります。

 

 

【まとめ】
お酒は気管支炎をはじめとした薬と一緒に飲むことによって効果が強くなるものもあります。
ですから、本来の効果とはまた違ったものになるかもしれません。
副作用についても保証できないところがありますから、注意を存分にしたいところです。

スポンサーリンク