小児喘息 症状 原因 治療 方法

小児喘息の症状、原因、治療方法について

小児喘息の症状、原因、治療方法について記事一覧

重症化しやすいとも言われる小児喘息。ここでは主に再発の原因となる受動喫煙にポイントを絞って、その対策をまとめました。【小児喘息再発の確率を高める受動喫煙】小児喘息において近年問題視されているのは家庭内の受動喫煙です。副流煙の有害性はすでに数々の医学的研究で確かめられており、両親ともに喫煙者である家庭では子どもの喘息確率がきわめて高くなると言われています。受動喫煙はビジネスでは主に上司と部下の関係で...

小児喘息は決して、子どものうちだけの症状ではありません。むしろ、大人であって小児喘息が再発するケースが多く、その場合は子どもの時以上に重症化しやすくなると言われています。小児喘息が大人になって再発するメカニズムと対処法についてまとめました。【ビジネスパーソン必見!スモハラの典型的な対処法】小児喘息が大人になって再発する原因とされているのが職場での受動喫煙(スモハラ)です。スモハラをさけ、喘息から身...

吸入器を使った症状のコントロールが困難な小児喘息の場合、ステロイド点滴による治療が選択されることがあります。強い作用のあるステロイド剤ですが、小児喘息の子どもに対して定期的に点滴しても副作用の心配はないのでしょうか。【小児喘息にステロイド点滴が有用であるとされる理由】凝縮された副腎皮質ホルモンのことをステロイドとよび、小児喘息の点滴以外にもアトピー、湿疹および発疹などの皮膚疾患の治療にも一般的に用...

小児喘息はたいていの場合軽症のうちにおさまりますが、中には入院による治療方法が検討されることがあります。小児喘息の場合、発作のレベルで入院基準が決まるのでしょうか。詳細な入院基準と入院後の治療方法についてまとめました。【まずは発作に注目!小児喘息の入院基準と治療方法】小児喘息の入院基準は、発作の重症度によってきめられています。具体的には発作レベルが中程度以上であれば入院が検討されるレベルであり、家...

小児喘息では咳、嘔吐などが起る事があります。子供の場合、風邪等から症状が原因となることもあるので甘くみずしっかり対処し必要であれば医療機関を受診することが必要です。【喘息発作で苦しい時に嘔吐・・・体力が一気に消耗する】喘息の発作はみている方がつらくなるほど苦しそうで、親御さんからすれば変わってあげたいと思うくらいです。発作で息が苦しい時に嘔吐などの症状が起ればますます苦しく、また体力をかなり消耗し...

小児喘息のお子さんはほこりやダニなどが原因となって発作を起こすことがあります。ほこりやダニの温床となりやすいのが寝具ですが、喘息のお子さんにいい布団にはどのような商品があるのでしょうか。【子どもの小児喘息・・原因の多くはアレルゲン】お子さんが小児喘息の発作を起こす時、また咳が多いと感じる時、その原因の多くはアレルゲンといわれています。代表的なアレルゲンがダニ、カビ、ほこり、花粉などですが、これらを...

小児喘息のお子さんをお持ちの保護者の皆さんは、少しでも良くなるように、また症状が起きないように体を強く運動などを生活の中に取り入れようと考えています。プールのスイミングは治療としても利用されています。【小児喘息のお子さんにはスイミングが効果的】治療の一環として医師等もすすめてくることが多いプールでのスイミング、小児喘息のお子さんにとっても疾患を持たないお子さんにも、肺機能を強くできる運動です。スイ...

鼻水、発熱などの症状が起きた場合、喘息もちのお子さんは小児喘息の発作を起こすリスクがあります。発作が起きる前に医療機関を受診し、発作が起こらないように予防対処することも必要です。【風邪がきっかけで発作が起こる事も多い】小児喘息のお子さんも大人の喘息患者さんも、風邪から喘息の発作を起こすことが多いです。特にお子さんは体力が時など健常な子でも風邪を引きやすくなるので、小児喘息のお子さんについては風邪予...

小児喘息のお薬にシングレアがあります。アレルギー症状に利用され、効果が期待できるものですが、保護者の皆さんは副作用等も気になると思います。副作用や効果、またどのような効能があるのか?理解しておきましょう。【小児喘息に効果があるといわれるシングレア】小児喘息やアレルギー疾患をお持ちのお子さんについては治療が必要となるので、保護者の皆さんも利用するお薬などについてよく理解しておきたいところでしょう。ア...

小児喘息の原因の多くはダニやほこりなどのアレルゲンによって起こるといわれていますが、実はストレスが原因で発作が起こる事も少なくありません。その対処方法をよく理解しておくことも重要な事です。【小児喘息の原因は様々】小児喘息の原因は様々で風が引き金になる事もありますし、肺炎やアレルギー、また気候の変化などから起きることもあります。何か別の疾患がありそれから引き起こされることもありますが、ストレスが原因...

小児喘息ではお子さんにあったお薬が処方されますが、アドエアが利用されることも多いようです。辛い発作を抑えてくれる効果のあるものですが、やはり気になるのは副作用です。メリットもデメリットもよく理解しておくべきです。【喘息に効果があるアドエア】小児喘息などにも用いられるアドエアは、気管支ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患「COPD」にも利用される吸入剤です。口から吸入するので直接気管支に作用し炎症を和らげる効...

小児喘息ではパルミコートというお薬が処方されることがあります。これは吸入タイプですが、ステロイドなので副作用があるのではないかと心配される方も多いようです。効果と副作用の両方を理解しましょう。【ステロイド吸入薬のパルミコートの効果とは】小児喘息のお薬として利用されることがあるパルミコートはステロイド吸入剤です。ステロイドというと親御さんは副作用の心配をされる方が多いのですが、パルミコートに含まられ...

お風呂に入るのはリラックス効果もありますし、小児喘息のお子さんにとっては呼吸が楽になるので親御さんはなるべく入れてあげたいと考えます。入浴する方法や注意点などを理解し安全にお風呂を楽しみたいものです。【小児喘息を楽にする入浴】小児喘息ではひゅーひゅーと苦しそうに息をしますし、せき込んで息が止まってしまうのではと親御さんは本当に心配になります。発作時にはもちろん入浴はさせませんが、普段から期間が弱い...

喘息の発作はお風呂上がりに起りやすい?とよく聞きます。実際に小児喘息のお子さんをお持ちの保護者の方も、確かに入浴後、調子が悪くなることがあるなと実感されているようですが、発作の要因や対処方法も知っておきましょう。【喘息がお風呂上がりに多いといわれるのはなぜ?】喘息を持ちの方でお風呂上がりによく発作が起こるという方も多いと聞きます。これはお風呂の中と外で温度が違うため、お風呂上がりに起きやすいといわ...

小児喘息には少なからず原因があるのをご存知でしょうか?決してカラダが弱いから発症する訳ではありません。家の中で飼う犬や猫などのペットが原因でアレルギー反応が出ていることが多く見られます。ここでは、小児喘息の子供がいるのにペットを飼うことが良いのか悪いのか説明します。【そもそも小児喘息とは何?】ただの風邪かもしれないと思うかもしれませんが、夜中に咳が止まらずに苦しんでいる子供の姿をみると心配でたまら...